ビーガン 菜食主義

Vegan(ビーガン)とはイギリスから発祥した言葉・考え方で、ざっくり言うと完全ベジタリアンのことを指します。

ベジタリアンについては多くの方が耳にしたことがあると思いますが、ビーガンは聞き慣れない言葉かもしれません。

ビーガンを語る上で、まずはベジタリアンについてから説明します。

 

 

ベジタリアンとは

野菜を食べる人?

実は、ベジタリアンは野菜を意味するベジタブルが語源ではありません。

ベジタリアン(Vegetarian)という言葉は、1847年にイギリスのベジタリアン協会から広まったと言われています。

その語源は「活気のある、健全な」などを意味するラテン語 vegetusに由来します。

ベジタリアンは野菜だけを食べる人と誤解を受けがちですが、実際には野菜だけではなく穀物、果物、豆、海藻、種子、きのこなど様々な作物を食べています。

 

 

ベジタリアンの実態

ベジタリアンと一口に言っても、その食生活は人や国・文化によって随分と異なります。

「ベジタリアンってお肉は食べないけど、卵や乳製品は食べるんだよね?」という質問を受けますが、食べる人もいますし、そうでない人もいます。

ベジタリアンにもたくさんのタイプがあります。

私たちがVeganic Japanが提唱しているのが、真ん中辺りにあるビーガンです。
ビーガンは食だけに限らず、できるだけ動物由来の物を避けることで無用な暴力を減らそうと いう生き方です。

ベジタリアンカテゴリ.numbers

 

ご覧の通りベジタリアンのカテゴリも多岐に渡っています。

日本は島国ですので、昔の日本人は多くがペスクタリアンに近い食生活だったのではないでしょうか?

 

ベジタリアンの食事はとてもバラエティに富んでいます。

サラダボウルだけ食べているような一昔前のイメージを持っている方も中にはいらっしゃいますが、実際には普通の食事と見た目はあまり変わりません。

日本にも精進料理としてベジタリアン食は残っています。

現代では、ベジミートやベジミルクなど、様々なオルタナティブベジタリアンフードが商品として出ているため、ベジタリアンでもピザやハンバーガーを楽しむこともできます。

 

 

海外のベジタリアン

海外を旅して分かったことは、ベジタリアンと言った際に多くの場合には、ラクト・ベジタリアン/ラクト・オボ・ベジタリアンを指します。
ビーガンについては明確に分けられています。

アメリカやヨーロッパの多くのベジタリアンは乳製品を摂っているラクトベジタリアンが多いように感じます。
欧米の都市圏では、多くのベジタリアンレストランやカフェがあり、そうでないお店であってもベジタリアンオプションがあるため、ベジもノンベジも一緒に食卓を囲んで楽しむこともできます。

その中でもスウェーデンは特に進んでおり、ベジタリアン=ビーガンで、ビーガンで無い場合にはラクトやオボなどの表示がありました。
環境意識や教育意識の高い人たちが多く、ベジタリアンの意識もとても高く感じました。

一方、ベジタリアンが多いと言われるインドですが、宗教的な理由から牛乳は大切な飲み物であるため、基本的にはラクトベジタリアンです。
パニールと呼ばれるカッテージチーズも多くの料理に使われているため、ビーガンを理解してもらうには一筋縄ではいかないのがインドでした。

お隣りの台湾では、日本と同じく仏教から発展した精進料理の台湾素食が有名です。
精進料理、台湾素食ももどき料理として発展しており、当時の仏教徒たちの肉への執着と修行とのジレンマが垣間見えます。

それぞれの国の意識や、文化や歴史、宗教などによって、ベジタリアンの実態は様々なことが世界を旅してリアルに分かりました。
実際のベジタリアンフードも国によって様々ですので、これもまた旅の大きな楽しみになります。

 

 

ベジタリアンになる理由

多くの方が「なぜ、ベジタリアンになるのか?」、「ベジタリアンになると、どんな良いことがあるのか?」と疑問を抱くと思います。

ベジタリアンになる理由も人それぞれのストーリーがありますが、大別すると以下の5つの理由になります。

  • 健康上の理由
  • 倫理的な理由
  • 地球環境による理由
  • 宗教上の理由
  • 霊的な理由

 

これらの詳細については、あえてこの場でお伝えしません。ここから先はご自身で調べてみてください。
そして、頭で考えるよりも体感していただきたいと思っています。

 

 

ヨガの最初の教えにヤマ(Yama)という教えがあります。
このヤマにはさらに5つの教えに分かれます。

  1. Ahimsa(アヒンサ):非暴力
  2. Satya(サティヤ):正直
  3. Asteya(アスティヤ):盗まない
  4. Brahmacharya(ブラフマチャリヤ):自制心を持つ
  5. Aparigraha(アパリグラハ):貪らない

 

私のヨガの師匠であるSharon Gannon先生は、この教えを実践することはビーガンの生き方と同じであると言います。
そしてSharon先生はヨガの実践者に対して、ビーガンになることでヤマの実践が行えると説きます。

 

間違いなく言えることは、私たちはビーガンになったことで、以前よりも遥かに健康になり、体も心も快適に、幸せに生活できているということです。

欧米に比べればまだまだ日本はベジタリアンが生きづらい社会かもしれませんが、それもどんどん改善されています。
近い将来、ベジタリアンが当たり前になる社会を目指して、私たちは今後もベジタリアンの活動を行っていきます。

 

Veganic Japanとは別プロジェクトで六本木にビーガンカフェをオープンしました。

Veganic to go
東京都港区六本木7-4-14 乃木坂スタジオ1F
TEL:03-6434-0211
http://25.veganic.jp/
http://www.facebook.com/veganic25/

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

Veganic Japan代表

五十嵐 遊水

Top