月刊マクロビオティック12月号に記事がたくさん掲載されました


 

日本CI協会さんが発行する月刊マクロビオティック12月号に記事が掲載されました。

12月号にはいつもの弊社代表の五十嵐 廣子の連載以外にも記事が掲載されていますので、順番にご紹介させていただきます。

 

我が子に教わる食養生

まずは連載記事について。
お陰様で段々と前のページに掲載いただくようになっています。

ci_macrobiotique_201412_2s

今回のトピックは、

・子どものメッセージ
・出産時の女性の痛み
・男性の愛情

です。

子供に不調や病気などがあるとわかると、良くなって欲しいという親心でどうにか治そうとします。ですが、自分を信じられるような教育を受けてこなかった自信のない日本人は、自分に答えを求めず周りに答えを求め続けます。この情報化社会に答えを求めても、情報がありすぎて何を信じたら良いのかわからず、当然迷ってしまいます。更には今まで食べてきた添加物で感覚が鈍くなり、周りからの考えの押し付け、社会からの刷り込みや縛りで知らぬ間に雁字搦めになり、とうとう判断すらできなくなってしまっています。

しかし救いは、子供は大人より純粋だということ。大人のような汚染が少ない分、何がいいのかを子供は自分で分かっています。

よくご相談に来る方に「テレビで何々サプリがいいって言ってたから買おうかと思うんですが、あれっていいんですか?」とか「テレビで誰々がこう言ってたから大丈夫ですよね?」と自分の人生を人に聞いて来る方がいますが、テレビの誰かが言ってることより、まずは自分の子供の話を聞くべきです。子供が何をしたいのか、何を欲しているかがただ一つの答えだからです。テレビの誰かが言うような、みんな同じ答えなんかないのですから。

冒頭より

 

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.26〜p.27

 

 

 

ベビーフェアの報告

 ci_macrobiotique_201412_3s

 

10月26日〜28日にリマ新宿店で開催されたベビーフェアに、Veganic Japanはプレミアムエコ紙おむつのビーミングベビーで出店させていただきました。

そして、五十嵐廣子による「ひろこママを囲んでのお話&お茶会」も3日間開催されました。

こちらの報告記事が掲載されています。

 

参加者の皆様からは、こういう会をもっと開催して欲しい!との声をたくさんいただきましたので、来年以降にどこかで開催して行きたいと思っています。
オーガナイズ希望される方がいらっしゃいましたら、お気軽にVeganic Japanまでご連絡ください。

 

参加者の皆様の声

世の中に出回っていない情報が聞けて良かった。

 

お手当があるのは知っていたけどこれまで信用していなかった。でも話しを聞いて自分の経験と合わせてみると本当なんだという事が分かった。

 

世の中では子どもの為に自分を犠牲にしろとよく言うけど、子どもの為にも自分らしく生きようと思えて楽になりました!

 

 

さくちゃん工房のご紹介

最後はマクロビアンでも安心して楽しめる自然をおいしくいただくお店さくちゃん工房(Veganic Cafe & Store)を紹介していただきました!

33回目のお店紹介です。

レポーターの遠藤さんにさくちゃん工房のお食事を堪能していただき、お店のこと、お食事のことを色々ご紹介いただいています。

 

ci_macrobiotique_201412_4s

高解像度PDFはこちらからダウンロードいただけます。

 

 

月刊マクロビオティック
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

ci_macrobiotique_201412_1s

 


Top