月刊マクロビオティック10月号に記事が掲載されました


 

 

ci_macrobiotique_201410_2s

 

日本CI協会が発行する月刊マクロビオティック10月号に、弊社代表の五十嵐廣子の連載記事が掲載されました。

今回のトピックは、

  • 昔と今の生活事情
  • 古き良き時代の食事
  • 昔と今の良いとこ取り

 

昔々、おじいさんは山に芝刈りにおばあさんは川に洗濯に行っていた時代には想像もつかなかったような便利な道具が今の時代はどんどん発明され進化し、あらゆることが手軽にできるようになり、手間や時間が格段に省けるようになりました。今の時代だったらおじいさんは山で刈払機でササッと芝を刈って、おばあさんは家の裏で洗濯機で洗濯し、そのあと2人で町まで仲良くドライブして芝居を見に行けるかも知れませんね。機械化で家事が楽にできるようになり自由な時間が増えた現代は昔の人から見たら夢のような世界でしょうが、たくさんの古き良き物も一緒に失われてしてしまい、それによって新たに出てきてしまった悩みもあります。昔と今は一長一短ですね。

冒頭より

 

便利になった一方で様々な問題を抱える現代。現代だけにどっぷり浸かるのも危険ですし、江戸時代に逆戻りすることもできません。
現代のテクノロジーや便利さと、昔の知恵や、本来の自然な状態。これらを上手にハイブリッドして活用していくことが、これからの時代を生きていくのに必要だと常々思います。

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.32〜p.33

 

月刊マクロビオティック
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

ci_macrobiotique_201410_1s

 


Top