月刊マクロビオティック7月号に記事が掲載されました


 

 

ci_macrobiotique_201407_2s

日本CI協会さんが発行する月刊マクロビオティック7月号に、弊社代表の五十嵐廣子の連載記事が掲載されました。

 

夫婦になかなか子供ができないご家庭では、病院に行って検査をし、夫婦のどっちが子供ができない原因なのか?を調べに行くと思います。そして、夫の精子の数に問題があったのか、それとも妻の子宮に問題があったのか?を調べ、「私が悪かったんだ〜」と自分を責め、深く悩まれている方の話をよく聞きます。

病院で検査をする方法が一般的なため、他に方法がないと思っている方はとても多いのですが、それは方法の1つで、自分でも確認できる方法はあります。体は生まれた時から死ぬまでずっとサインを出してくれています。自分のサインを理解してあげることで体の現状を把握できるので、病院へ行くのは気も足も重いという方は是非、チェックしてみてください。

冒頭より

 

今回のトピックは、

  • セルフチェック
  • 口の周りに吹き出物ができる
  • 顎や踵が硬い
  • 下腹部がポッコリ出ている
  • 足の小指の異常
  • 人間の治癒力

 

マクロビオティック的 婦人病のセルフチェック!
なかなか子どもができないの、という方は必見です。

 

掲載記事:「我が子に教わる食養生」
掲載ページ:p.30〜p.31

 

月刊マクロビオティック
http://www.ci-kyokai.jp/bgks.html

 

どうぞお手にとってご覧ください!

 

ci_macrobiotique_201407_1s

 


Top